今年の春コーデは、デニムが充実!カットオフにパッチワークも

花柄ワンピースにパッチワークのデニムGジャンを合わせる春コーデ

この春は切りっぱなしのデニムから、ワイドデニム、パッチワークデニムなど、定番以外のトレンドデニムが充実してます。いつものストレートデニムも、裾を切りっぱなしにしたカットオフだと、それだけで今どき見えるから不思議です。春コーデには、最旬デニムを取り入れて、ちょっと目をひく春ファッションにトライしてみませんか。

例えば、LIZ LISA(リズリサ)のお姉さんブランドとして、20代女子に人気のJugeETTA(ジェジュエッタ)からは、デニムのリメイク風ジャケットで、パッチワークのように様々な色目に加工した生地で、パーツごとに配色が変えてあるGジャンが出ています。

ベースカラーが、ブルー、カーキ、カモフラとあり、少しクラッシュした生地がヴィンテージライクで、今までにない新鮮なデニムジャケットです。

形は、コンパクトなジャスト丈で、ワンピースやワイドパンツ、スカーチョとの相性抜群です。

春コーデでは、70年代っぽいフェミニンなテイストも流行っているので、写真のように、レトロな花柄ワンピの上に、パッチワークGジャンを羽織り、足元は、コンパースのハイカットでハズす…な~んて、着こなしもいいですね。

同じく20代の女性に人気のRESEXXY(リゼクシー)からは、首周りから前たて、ポケット上部と裾全体がカットオフのフリンジ仕立てなった可愛いデニムジャケットが出ています。

ヘムフリンジのショートパンツと、セットアップになっているので、インナーにボーダーTシャツや白Tなどを合わせて、大人ギャルっぽくしておいて、今度は、足元はレディなパンプスでハズす…なんていうてもあります。

裾フリンジデニムシャツは、デニムオンデニムコーデにも

裾フリンジデニムシャツ

今年の春のデニムは、EMODA(エモダ)やAvan Lily(アヴァンリリィ)などのように、切りっぱなし加工されたフリンジ飾りが、裾だけではなくて、ポケットや袖の付け根、フロントやバックなどいろんなところに施されているものも出ています。

あまり、飾りで盛りすぎるとボヘミアンファッションみたいで嫌だ…という場合には、画像のMOUSSY(マウジー)のデニムシャツのように、裾だけカットオフ加工になっているものを選ぶと、さりげなくトレンドを取り入れることが出来ます。

またフリンジの部分でアクセントが入るので、デニム素材のショートパンツやスカートを合わせて、デニムオンデニムコーデをするのもおすすめです。

ページの先頭へ